中学受験のメリットとリスク

中学受験については色々な意見があります。
中学受験等を子供に経験させて、より子供にとって恵まれた教育環境で育てたいという親御さんもいらっしゃいます。
確かに、私立やあるいは国立の中学校などは、スタッフが優秀で教育環境がいいというメリットもあります。

また、高校受験をしなくていい場合も多いので、中学受験を経験することにはメリットがあるのも事実です。しかし、全くリスクがないわけでもありません。

高校受験を経験しないということで、特に中学校の段階で中だるみが起こることもあるのです。
緊張感を維持し、常に勉強をし続ける姿勢を子供に取らせるためには、やはり3年毎に受験があった方がいいという考え方もあります。

中学受験の後に、高校受験がない場合は6年間のブランクがあることは、確かに子供にとってはストレスが少ない状況なのかもしれません。しかし、緊張感に欠けて、どうしても中だるみしがちになってくることは事実です。

もし仮に中学受験を考えていらっしゃる親御さんがいるならば、常にマメに勉強の習慣を身につけさせることも大事なのです。
中学受験は、ある程度頭が良くって適性があるお子さんには向いていますが、その後のアフターケアをきちんとやることで、その効果に違いがあるのですね。

INFORMATION

2015年09月02日
ホームページを更新しました。